Currently viewing the category: "イベント"

小倉駅近くの「秘密基地」というカフェで行われた野崎歓さんの講演、「文学の国、フランスへのお誘い」(11月23日)は、今年のフランス大統領選のエピソードから始まりました。マリーヌ・ルペンとエマニュエル・マクロンとの直接対決に決着をもたらしたものは、意外なことに「文学」だった、というサプライズ。ルペンのトランプ的な論理に「ペルランパンパン」という17世紀の単語で反撃したマクロン、他方「文学」をまるで理解できなかったルペン。マクロンに勝利をもたらしたものこそフランス文学だったという実に意外な観点から、いまだにフランスが文学の国であることを説かれました。なるほど、そうだったのか!、と一驚でした。そもそもフランスという国家やフランス語は17世紀に出来上がったもの。英語よりフランス語が高級で優勢で、ヴェルサイユ宮殿を造ったルイ14世のころから、「宮廷」のコトバ、フランス語がヨーロッパ各国の宮廷を席巻していったという歴史も、なるほどそうだったのか! とひざを打ちたくなるほど。だめ押しとして、トルストイやドストエフスキーもフランス語でバルザックを読んでいた、などとなると、もうびっくり仰天ですね。

翌日の「フランス文学と愛」(11月24日)は、ごく少数のフランス語およびフランス文学愛好者だけの小さな会でしたが、こちらの講演もじつに楽しく、じつに考えさせる内容でした。フランスでないフランス語圏、スイスのジュネーブからやってきたルソーが、フランス思想界やフランス文学界を「なぎ倒して」席巻してしまったさまを、じつに楽しいユーモアで包んで話されました。ルソーこそ「回想録」でない「自伝」文学の創始者だったこと、はじめて「子ども時代」が人間形成のうえで重要であること主張したこと、それにも関わらずみずからの子どもはすべて孤児院に送ってしまったという矛盾、さらに年上の人妻との「アムール」というフランス文学界の大伝統をつくったこと。以後のスタンダールもバルザックも、ロブ・グリエにいたるまで、「ルソーになぎ倒された世代」であること。スタンダールの「赤と黒」にもバルザックの「谷間の百合」にも、みんな「ルソー印」がついていること、などなど、実に楽しく巧みに、しかし「なるほど、そうだったのか!」と手を打ちたくなるほどの創見にみちたお話しでした。そして極めつけは20歳以上の年の差ある「マクロン大統領」の奥さんと文学好き。そして最後に「サプライズの隠し球」として「ミッテラン大統領」の愛人と隠し子事件。その当事者が、ついにミッテランとの手紙のやりとりを大冊にして出版したこと。ここにも脈々とフランス文学の伝統が息づいているのだというお話しでした。そして、だれでもフランス人になれる、だれでもフランス文学に参加できる、そういう開かれた「共和国」の理念の大切さについても語られました。テロリズムに襲われたフランスだからこそでしょうね。


北九州市の「秘密基地

福岡・箱崎の「ブックス・キューブリック箱崎店」

北九州の「コワーキングスペース秘密基地」という魅力的な名前の会場で、フランス文学の野崎歓さんによる「文学の国フランスへのお誘い」。私も福岡から駆けつけます。



http://fukuoka-unesco.or.jp/%e6%96%87%e5%ad%a6%e3%81%ae%e5%9b%bd%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%81%8a%e8%aa%98%e3%81%84.html

このところ、ブレイディみかこさんの著作を何冊か読みました。『This is Japan』『ヨーロッパ・コーリング』『子どもたちの階級闘争』など。すごいですね。日本ではなかなか書けないことに、コトバを与えています。ブレイディみかこさん、福岡は修猷館の出身とも聞きました。中洲で働いてイギリスに渡ったとも。すごいですね。ぜひ学生たちにも聴かせたいのですが、肝心の学生たちが、夏休みで、来てくれそうもないです。


福岡ユネスコ講演会が開催されます。講師は、いま注目のブレイディみかこ氏(保育士、ライター、英国在住)、演題は「英国のいま、そして日本は?」、会場は、エルガーラホール7F・多目的ホール、2017年8月19日(土) 14:00からです。
私も、質問担当として、参加します。詳しくはここ



 

福岡ユネスコ・アジア文化講演会で、テッサ・モーリス=スズキ氏と姜尚中氏の対談が実現します。これは駆けつけなくては。

福岡ユネスコ・アジア文化講演会 生きている歴史、繋ぐ記憶
平成27年度福岡ユネスコ・アジア文化講演会(講演:テッサ・モーリス=スズキ氏、対談:姜尚中氏)
日時:2015年11月14日(土) 13:30〜17:00(13:00開場)
会場:電気ビル共創館3階 共創館カンファレンス 大会議室
(福岡市中央区渡辺通2-1-82)
テーマ:「生きている歴史、繋ぐ記憶」
講師:テッサ・モーリス=スズキ氏(2013年福岡アジア文化賞 学術研究賞受賞者)
対談:姜尚中氏(東京大学名誉教授)


 

福岡ユネスコ協会

 

博多の中世からの寺町界隈の灯りを消して、お寺の内側だけをライトアップして浮かび上がらせる「博多ライトアップ・ウォーク」が始まりました。
さっそくアメリカからの留学生やゼミ生とともに古い博多の寺町を町歩きしてきました。
承天寺、 順心寺、櫛田神社といきましたが、聖福寺が参加していないのがちょっと残念ですね。
今年は、櫛田神社が、ライトアップとシンクロする不思議な提灯を準備していて、サプライズでした。


 IMG_4999


IMG_5002


IMG_5003


IMG_5005


   IMG_5011


IMG_5025


  IMG_5007

あすは福岡マラソン。1千人からの市民ランナーが走るので、大規模な交通規制がかかるようです。わが家に近くから出発して、移転途中の、九州大学の伊都・新キャンパスを通りぬけて、糸島のほうでフィニッシュするようです。


福岡マラソン

「かくれキリシタンのオラショを巡る旅」(福岡ユネスコ研究講演会)が西南学院大学講堂でありました。長崎県・平戸市の生月島は、かつて一度いったことがありますが、その壮大な絶景と、ガスパル様とか、不思議なかくれキリシタン文化のミックスされたところでした。きょうは、そこでかくれキリシタン文化を研究されている中園さんの講演をききました。生月島系のかくれキリシタンと、外海系のとがあることなど、様々なことを知りました。講演のあとで、生月島からこられた信者の方々の「オラショ」がありました。


IMG_8251

IMG_8270


村上春樹さん、ノーベル文学賞、残念でしたね。
さて、事前に新聞社から依頼されていた、受賞についてのコメント、短時間で書いたもので、不出来ではありますが、お蔵入りさせてしまうのも、ちょっと心残りなので、新聞社エディット・バージョンでお目にかけることにいたします。(じっさいにはさらに縮小されたものが掲載される予定でした)。

 「村上春樹さんの作品は、物語の力の復活を、私たちに確信させてくれた。それが全世界の若者たちの心をつかんだ理由でもあり、ノーベル文学賞受賞の大きな理由でもある」。そう語るのは九州大大学院教授の安立清史さん。村上作品が支持される理由について「外側の世界にドラマがあった冷戦までの時代から、私たちの内面にこそ深いドラマのある時代への転換を深くとらえたから」とみる。「『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』がその典型。不自由で抑圧された現実世界から脱出することに解決があるわけではなく、この現実の中にとどまりながら深く内面世界を潜水していくことが、これまでにない新しい世界への入口になるのではないか、というサプライズな結末を提示して大きな論議をよんだ」と分析する。
 「『物語』に乗船していくと、いつのまにか潜水して、内面の隠れていた別世界へと導かれ、そこで、これまでになかった世界と自分との和解の糸口が与えられる。そういう不思議な肯定感のある物語を紡いできた。ノーベル文学賞に値する世界文学を、私たちは身近にもっていることを喜びたい」。

(写真は2005年、ボストンに暮らしていたときにマサチューセッツ工科大学で見かけた村上春樹の講演会のお知らせです。日本では人前にあらわれませんが、海外だと、けっこう人前で話しているようです)。


IMG_2362

安立ゼミ合宿二日目は、4年生の卒論の中間報告と、2年生の柳川プロジェクトの報告でした。4年生は、今年はちょっと卒論おくれぎみのようだから、がんばって下さいね。さて、大山町は、大ヒットの漫画・アニメの「進撃の巨人」の作者、諫山さんの生まれ故郷だそうです。大山だけでなく大分の超有名人らしいです。ひびきの郷でも、梅酒にそのイラストが用いられていました。


DSC07686

DSC07704

DSC07695

IMG_2168

IMG_2169

9月月末の二日間、2年生と4年生の安立ゼミ合宿に行ってきました。大分県日田市大山町です。ここは農業や地場産業への先進的な取り組みで有名なところです。
大山町でカリスマ的な町おこし行政マンとして活躍してきた緒方さんや、町づくりのコアメンバーの方々と、ゆっくりと懇談できました。学生たちも、フィールドワークや夜の懇親会で、大いに盛り上がりました。
大山町の歴史をふりかえると・・・
「大山町では、政府がまだ米の増産を推進していた1961年に、米作には不適な山地の地理的特性を生かして、作業負担が小さく収益性の高いウメやクリを栽培し、さらに梅干し等に加工して付加価値を高めるNPC(New Plum and Chestnut)運動を開始した。「梅栗植えてハワイに行こう!」というユニークなキャッチフレーズで知られるこの運動は、農家の収益の向上に寄与し、大山町は全国で最も住民のパスポート所持率が高い町になった。この運動は、後の一村一品運動の原点としても知られている。大山町ではその後も、2000年に地元産の有機農作物を使ったバイキング料理のレストラン「木の花ガルテン」を町内にオープンするなど、先進的な取り組みを続けている。」(ウィキペディア)


IMG_1828

IMG_1820

IMG_2003

IMG_2006

IMG_1993

IMG_1985

 

この夏休み最後の企画です。安立ゼミ合宿が近づいてきました。
今回は、NPO法人「はかた夢松原の会」と交流の深い大分県日田市大山町にうかがって、そこの温泉施設「ひびきの郷」での合宿となります。一村一品や村おこし・町づくり運動で名高い大山町では、いろいろなフィールドワークやヒアリング、町のキーパーソンとの交流会、そしてもちろん卒論の中間報告会などが予定されています。


大山 ひびきの郷

先日、久留米市の髙良大社で「高良山剣道大会」があり、小学生から高校生までの剣士達の奉納試合がありました。
息子が中学校の剣道部に入っていて、出場するので、朝6時起きで高良山に参りました。
小学校4年生以下の部に出場している子ども剣士たちが、めちゃくちゃ可愛かったですね。


髙良山

IMG_1710

IMG_1709

IMG_1679

IMG_1680

IMG_1698

福岡アジア文化賞を受賞されたエズラ・ヴォーゲル先生が、近くの西南学院大学のコミュニティ・センターで講演されました。
私の父と同じ1930年生まれの84歳だそうです。1時間も原稿もみずにずうっと(しかも日本語で)話し続けられました。
この歳でも毎日、日本語と中国語を勉強されているそうです。すごいなぁ。


IMG_1487

IMG_1491