Currently viewing the category: "社会学"

「世界社会科学フォーラム」(WSSF)の初日、福岡国際会議場は入場する時から異様な雰囲気でした。厳重なセキュリティチェックがあり、事前登録以外は入場禁止、IDで身分確認。厳戒態勢のせいか、入ったとたん大きな会場は閑散。午後のセッションをなんとか無事に終えると参加者・報告者全員が3階のメインホールに集められました。「皇太子ご夫妻がご臨席されます」「これからセレモニーが終わるまでホールに入ることも出ることはできません」。国際会議場じたいがロックされ、SPが要所要所をかためてこちらを睨みつける。「動画や写真撮影は禁止です」。こういうメッセージがすべて英語。セレモニーが始まるとすべての挨拶が「ロイヤル・ハイネス云々」から始まる英国王室調。皇太子の挨拶もふくめてすべて英語でした。ふう。初めての経験でした。


シンガポールのタン・レンレン教授、タイやオーストラリアの参加者とともに

 

福岡市総合図書館シネラで石井聰亙監督の「水の中の八月」を観る。じつに不思議な映画であった。前半は高校生の青春恋愛映画、ちょっと「桐島、部活やめるんだってよ」的な展開なのかと思わせるが、中盤からおかしなオカルト的な要素が侵入してきて、やがてセカイ系へ変質していく。若者の恋愛がセカイを救うというセカイ系だ。まるで「君の名は。」だ。いまでは珍しくないかもしれないが当時は仰天ものだったのではないか。主人公は明らかに精神の異常をきたしているのだが、ボーイフレンドや周囲も彼女に共振してくる。物語のセカイ系的変質とともに映画がみるみる破綻していくのは鈴木清順の「悲愁物語」にそっくりでもある。主人公が悲愁物語の白木葉子そっくりになってくる。不思議な失敗作なのであるが、最後まで観てしまった。福岡市でロケされていて「あそこだ」的なご当地映画なことも一因だが、いろいろと考えさせられるのだ。破綻しているがゆえに、かえっていろいろなことを考えさせる映画になっているのだ。
まず、1995年という製作年に留意すべきである。「オウム事件の直前」である。そういう時代が刻印されている。そもそもオカルト的になっていくのも「ムー」という雑誌の影響なのだ。これ、オウム事件のあとだったら、けっして制作できなかっただろうし、公開されることもなかっただろう。オウムの前後で、オカルト、精神世界、世界を救う、というテーマ系がはっきり断絶するのである。
今となっては1995年前後の、オウム的な世界観の若者世代への跋扈が、想像しずらい。でも、当時はこんな映画にまで影響を及ぼしていたのか。驚きである。
その他、いくつか印象的なこと。草刈正雄、荒戸源次郎、天本英世などが出演している。荒戸源次郎は福岡高校の理科の先生役で不思議な味をだしている。福岡つながりなのか、なんと楢崎弥之助まで出演している。「国会の爆弾男」との異名をもつ福岡の元国会議員・楢崎弥之助(すでに故人)だ。私は彼の生前、いちど、飲み会でお会いしたことがある。どこかで見た顔だと思いながら、なかなか思い出せなかった。なぜ彼まで……。じつに不思議な映画である。


先週末、日本社会学会大会が甲南大学であり、ひさしぶりに神戸・三ノ宮に泊まりました。ここは、そうです。村上春樹の初期の3部作の舞台でもあります。おぼろげな記憶で、JR三ノ宮駅の北、たしかこのあたりに映画「風の歌を聴け」のジェイズ・バーのロケ地になったバーがあったはずだが・・・と探してみましたが、みつかりませんでした。あのバーどうなったのかなと、帰福後、ハードディスクを検索して昔の写真を探し当てました。この写真、いまから11年前です。当時、CS神戸さんを訪問したときに事務局長だった国枝さんといっしょに探し当てた時の写真です。ちゃんとピンボールもありました。映画のポスターもそのままでした。先日探し当てられなかったのは残念だったなぁ。あとで調べると、ほんの一筋、間違ってしまったのでした。

(なお、村上春樹の小説の中のジェイズ・バーは三ノ宮ではなく芦屋周辺の設定でした)。


ちゃんとピンポールもありました。

証拠となる映画のポスター

今も同じでしょうか?

 

東京に出かけたおりに上野の都美術館の「没後50年 藤田嗣治展」に行ってみました。フジタといえば昨年滞在したパリ国際大学都市の日本館にはフジタの大作がふたつありました。バロン薩摩治郎八が依頼したものだと思います。藤田嗣治展はNHKの「日曜美術館」でも紹介されていたので知りました。TVでは戦争画に協力したとされるフジタのなかなかに複雑な内面も紹介されていました。軍医の子として生まれ、パリで初めて認められた日本人画家として、狂乱の時代を過ごし、戦争に翻弄されながらも思いっきり転変していったフジタは興味深い人物だったと思います。精神的には不安定な人だったかもしれません。展覧会を見ると、初期からかなりの達筆だったことが分かります。それよりも展覧会を実際に見ていくとTVやWebで紹介されていた作品よりも他に、はるかに引き込まれる作品が多くあることが印象的でした。TVなどでは感じなかったことですが、輪郭線を墨でほそく描く技法は、じつはマンガの先駆者のようにも思われました。じつにポップです。裸婦が必ず傍らに猫をはべらせる構図も、何というか、俗っぽくて分かりやすい。下地に工夫をこらした乳白色も、あえて不思議に調和をゆがめた構図を浮かび上がらせています。裸婦で評判をとったあと世界放浪、戦争画のあとは日本と決別してフランスで宗教画を制作して死ぬという人生も、映画的ですね。フジタにはこのようなポップな特徴があったので人気を博し時代の寵児になったのでしょうか。TVやWebで紹介されていたのとは違う印象をうることのできた展覧会でした。会場は満員の混雑でしたね。http://foujita2018.jp/
(写真は数年前、パリ国際大学都市・日本館に滞在していた時に撮影したフジタ)


訃報
NPO法人はかた夢松原の会・名誉理事長で元NPOふくおか理事長でもあった川口道子さんが老衰のため、9月15日午前10時半ころ、亡くなられました。享年97。大往生ですが、代わりになる人のいない、偉大な方でした。


2014年の新春の集い。川口道子さんが公式の会にお見えになった最後の会だったと思います。

2015年に老人ホームに入居中の川口道子さんをお見舞いした時の写真です

書評論文としてこの夏に書きました「介護保険と非営利はどこへ向かうか───小竹雅子『総介護社会』(岩波新書)を読む」が、認定NPO法人・市民福祉団体全国協議会のホームページに掲載されました。全文を読んでいただくことができます。http://seniornet.ne.jp/2018/09/03/5915/


桃山学院大から白波瀬達也さんが九州大学へ集中講義に来てくださいました。真夏のお盆直前の時期なのですが、朝からホームレス支援の「抱樸館福岡」にフィールドワークに行かれるなど、充実した集中講義です。午後からは教員たちも参加して、白波瀬さんの著書『貧困と地域』(中公新書)をもとに研究会とディスカッションも行いました。なるほど、本を読んだだけでは見えなかったことが、たくさん、分かってきました。こういうのが研究会の醍醐味ですね。その後、キャナルシティへ移動してささやかな歓迎会も催しました。


前期の授業も終わり、オープン・キャンパスも終わり、あとはひたすら箱崎から伊都キャンパスへの移転・引越し作業となります。前から少しずつ研究室の図書の整理をしていたのですが、いよいよ間に合わなくなってきました。学生や卒業生の手助けを借りながら本の整理(というか本の選別と廃棄の作業)です。おおまかに本を半分くらいに減らさないと引越できません。記録的な暑さの中で、大汗かいています。本の選別の大変さは、思い出の整理の大変さです。様々な記録や記憶の廃棄は、なかなか困難な作業ですね。みなさん、本の選別と整理はどうされているのでしょうか。本は、どこかに寄附したいものですが、なかなか寄附を受け入れてくれるところがないようです。


連日の記録的猛暑の中、昨日は、箱崎キャンパスで最後の「オープン・キャンパス」でした。朝9時ころからもうすでに大学は高校生であふれかえっています。文学部の説明会は大教室で行われたのですが、500人のキャパがあるのに、立ち見までいれても入りきれません。午前だけでなく午後にも説明会がありました。説明会のあと、模擬授業や、文学部の各研究室への訪問がありました。キャンパスでは昼近くになると救急車も来ていましたから、熱中症が出たのかもしれません。来場者へのアンケート調査は、私たちのゼミで作成したので、結果の集計が楽しみです。


ゴッホ終焉の部屋(ラヴー旅館)。ゴッホは、カラスのいる麦畑で、ピストル自殺をはかったそうです。でも死にきれずラヴルー旅館のこの部屋に戻ってきて苦しんでいたそうです。ガシェ医師や彼の子どもが付き添って看病したそうです。体力のあったゴッホはいちど持ち直したそうですが、結局、亡くなったそうです。この部屋は撮影できないので、館内映写のスライドショーから再現しました。


この椅子のある小さな部屋がゴッホ終焉の場所

この階段を苦しみながら上がってきたのでしょう

7月29日はゴッホの命日だそうです(1890年)。こんな真夏の中で死んでいったのですね。数年前にゴッホ終焉の地、そしてゴッホ兄弟の墓のあるオーヴェール・シュル・オワーズに行った時の写真を紹介します。ここに行ったのは二度目ですが、20年程前に訪れたときにはゴッホ終焉の家は荒れ果てていました。近年、ゴッホの家として博物館に整備され一階のカフェは高級レストランになっています。パリ国際大学都市からだとRERで北駅まで、ついでC線に乗り換え、ポントワーズでもう一度乗り換えなのですが、支線は一時間に一本くらいしか便がありません。土日は直通便もあるようですが、多くの人は観光バスで訪れるのでしょう。パリのオルセー美術館にある「カラスのいる麦畑」「オーヴェール・シュル・オワーズの教会」など有名な作品は、ここで描かれたものなのです。
駅を出てすこし上り坂の細い径をゆくといきなり「オーヴェールの教会」です。その横の径をさらに上がっていくと「カラスのいる麦畑」そのものの麦畑風景です。その中に墓地があります。小林秀雄も訪れたゴッホ兄弟が隣り合って眠る墓地です。もどってきて市庁舎のある広場にゴッホが滞在していた「ラヴー旅館」があります。この二階の小さな部屋でゴッホは亡くなりました。さらに径を歩いていくとゴッホを看取ったガシェ医師の家が博物館になっています。ガシェには子どもがいなかったようで、ゴッホから受け継いだ絵一式を、アンドレ・マルロー文化相に寄贈した時のインタビュー映像が流されています。ゆえに有名な晩年の絵が、オルセー美術館にあるわけですね。ここはパリからの半日旅行として、絶対のお薦めです。


オーヴェール・シュル・オワーズ駅─小さな無人駅です。

街は斜面地にあります。駅から細い径をすこし上ると教会です。

オーヴェール・シュル・オワーズの教会

オーヴェール・シュル・オワーズの教会

カラスのいる麦畑

小林秀雄も訪れたゴッホ兄弟の墓。ふたつ並んでいる。

ゴッホの弟も追うようにして翌年亡くなっています。

オーベルジュ・ラヴー(ラヴー旅館)。この二階にゴッホは住んでいた。いまは、メゾン・ヴァンサン・ヴァン・ゴーグになっています。

医師ガシェの肖像

ガシェ医師の家─いまは博物館になっています。駅から徒歩20分くらいですが必見。

福岡では危険な暑さが続いています。昨日は、この暑さのなか、リサーチで来日されている、天津社会科学院の田香蘭さんがお見えになりました。6月に上海の日中友好条約40周年記念シンポジウムで同じ部会で報告された先生です。九州大学社会学で学ぶ中国からの留学生とともに歓談いたしました。


2018年前半に韓国でヒッ卜した映画の中に『いま、会いにゆきます』と『リトル・フォレス卜』があります。この2本は原作が日本の小説、漫画であり、ともに日本で映画化された作品でもあります。
韓国では1998年10月、金大中政権の時に日本の大衆文化が公式的に開放され、日本との文化交流が進展しました。以降、東野圭吾の小説を原作とした『白夜行—白い聞の中を歩く』や日本の漫画が原作で、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した『オールド・ボーイ』を始め日本から発した映画が製作されました。
オリジナル脚本から作られる作品が多い韓国映画界の中で、日本に原作がある、あるいは日本映画のリメイク作品に対して韓国人はどのようなところに魅力を感じるのでしょうか。また、同じ原作からできた両国の映画を比較してみると、果たしてどのようなところが違うのでしょうか。韓国の日本映画研究者による映画を通した比較文化論です。(福岡ユネスコ協会のホームページより)


2018年7月31日で、九州大学箱崎キャンパスの中央図書館が閉館になりました。階段の壁が、図書館へのお別れメッセージスペースになっています。試験期間中のせいもあってか、図書館は、満員です。今日で閉館ということで、何やらちょっとお祭りみたいな雰囲気でもあります。でも、明日からは、がらーんと、急に寂しくなっていくのでしょうね。全面移転もひたひたと近づいてきました。


昨日は、今学期の最後の安立ゼミに、福岡ユネスコ協会・常務理事・事務局長の山口吉則さんに来てお話しいただきました。山口吉則さんも九州大学文学部OBであり、箱崎キャンパスの最後をみたいともおっしゃっていたのでよかったです。福岡ユネスコ協会の話だけでなく、福岡市役所職員として城南区長までつとめた35年間をふりかえり、市役所の仕事とはどういうものか、公務員の仕事の面白さ、難しさ、今後の課題など話していただきました。じつは社会学科の学生の半数近くが、公務員志望でもあります。ところが、公務員とは何か、どういう仕事なのかも分からず、公務員講座に出ていたりするので、ちょうど良い機会なので、山口吉則さんに来ていただきました。時間オーバーになるくらい、たくさん質問もでました。山口吉則さん、ありがとうございました。


前から日程が決まっていたこととはいえ、昨日の箱崎町歩きフィールドワークは、熱中症が危惧される過酷な暑さの中、最大限の注意を払ってゼミの20名の学生とともに筥崎宮から九州大学博物館まで歩きました。午前中はまだ曇り気味でしたが、箱崎の町屋や、子どもたちの人形飾りのお祭り準備などを見学したお昼前後から、「これはいかん、これは危険だ」というレベルになってきました。そこで予定変更。九州大学旧工学部本館3階の中の涼しい家具展示室へ。そこで弁当ランチしたあと、スタッフの方が九州大学の移転にともなう家具や什器のレスキューを行うクラウドファンディングのお話をして下さったり、ここで一日だけの本格カフェ「ハコスイ出張カフェ」をされていた箱崎水族館の花田ご夫婦が町の歴史を話してくださったり、かつて教授会の開催されていた貴賓室を見学させていただいたり有意義な時間をすごせました。最後は箱崎駅前食堂とゲストハウス「ハレとケ」を見学して、まちカンパニー代表の斉藤康平さんのお話をうかがってお開き。なんとか無事にフィニッシュ。みなさんご苦労様でした。斉藤さんありがとうございました。


福岡も、台風の直撃のあと、かつてない集中豪雨、そして過去最高気温ときてバテバテです。ちょっと危険な感じの天候が続いています。合間をぬって毎夏恒例の社会学研究室主催のバーベキューパーティを催しました。この箱崎キャンパスのこの場所でバーベキューが出来るのも今回かぎり。ブックスキューブリックの大井さんもサプライズで参加して下さいました。3年生が公務員講座、4年生が就活や公務員試験の受験などで参加がさみしかったのですが、二年生中心に元気いっぱい、暑いさかりのバーベキューパーティでした。


軽井沢のさきの信濃追分に、しなの鉄道で行ってみた。旅行客も、軽井沢までは行くけれど、信濃追分まで行く人はまれだろう。軽井沢駅は大混雑、でも次の中軽井沢で大半の人が降りてしまって信濃追分駅は無人駅である。ここの「油屋」というかつての文人旅館に行ってみた。堀辰雄、立原道造らが泊まって仕事をしたところだそうだ。いまは「文化磁場・油や」となって、旅館の一階部分は、おしゃれなアートスペースや古本やレコード屋、図書室などとなっている。ここのスタッフに聞くと、近くには、加藤周一、福永武彦らの別荘もあるという。さっそく散歩がてら探してみた。すぐに見つけることができる。いまは主を失い、だんだんと朽ちていく最中なのだろうか。どの別荘も、継承者がいなくなったり、受け継いだ世代のライフスタイルが変わって別荘に来なくなったりして、使われなくなっているところが多いそうだ。高齢社会で空き家が増えているのと同じ状況なのだろう。高原の別荘にこもって小説を書くというような「堀辰雄スタイル」がもはや時代おくれなのかもしれない。そもそも文化人や知識人、作家などという言葉が、絶滅危惧種になりつつある。そういう様々なことを考えさせてくれる信濃追分だ。


加藤周一の別荘。いまは使う人がいるのだろうか。

油屋、堀辰雄が気に入っていたという部屋が記念室になっている。

立原道造は、詩人で建築家でもあった。油屋で火事に遭遇したらしい。

福永武彦の別荘。池澤夏樹さんは継承者ではないらしく、複雑なのだそうだ。