Currently viewing the category: "トップ"

「無法松の一生」を観る
このところ昭和30年代の日本映画を続けて観ています。シネラ(福岡市総合図書)が「高峰秀子と京マチ子の特集」をしているのです。こうして「無法松の一生」「雨月物語」「喜びも悲しみも幾年月」「浮雲」「24の瞳」などを観ました。昭和30年代というと戦後10年たらず。私が生まれた頃の時代です。まだ町には戦争の爪痕と貧困がありました。これらの映画を観ながら、ひとつ感あり。ストーリーの構造がとっても「古い」こと。無法松なんか「車夫」ですからね。車夫なのに人物も行動も立派である、というところで映画が成立している。「喜びも悲しみも幾年月」だと「灯台守」です。このあたりの物語の成立背景がいかにも古い。しかも古いだけではない。偏見や差別とまでは言わないが、平凡な庶民にもこんな立派な生き方をした人たちがいる……というような「上から目線」で見下しながら持ち上げて評価するような、そんな脚本家の視点が、現在からみるとどうしても気になります。やはり時代の制約なのでしょうか。それにしても、こんなに古い白黒映画に観客がいっぱい。「みんな老人ばかりだな」と隣の人が席を立つとき、ぽつりと言いました。


福岡の桜もあとは八重桜を残すばかりとなりました。近くの大濠公園の中に日本庭園があるのですが、そこで「大濠雲海」というのをやっています。池の中からミストをとばして雲海のようなものをつくりだすのです。これは昨年、名古屋のジブリパークでも見たことがありました。30分おきに数分間、雲海がみられます。娘は温泉地の湯けむりみたいと言っておりましたけれど。(中は外国人客ばかりでした)


昨日は、福岡の名だたる社会福祉法人の理事長や施設長の方々が、大阪公立大学の関川芳孝先生を囲んで30年もつづく勉強会に呼んでいただきました。新著『福祉社会学の思考』のことについてお話ししたあと関川先生と対談をさせていただきましたが熱心に聞いていただきました。組織や団体主催の研修会ではありません。最初は7施設の方々の小さな勉強会だったそうですが、それが30年も続いているというのは素晴らしいことだと思います。


新著『福祉社会学の思考』(弦書房)を紹介します。
第1部「福祉社会学・再考」で、これまでの30数年の私の福祉社会学の歩みをふり返っています。私はいったい何をしてきたのだろうかと自問自答しながら。
第2部「福祉社会学の思考」は、これまでの30年間の習作の中からいくつかを収録しました。テーマの中心は「超高齢社会」という意識の中にひそむエイジズムです。また制度的福祉ではない自発的福祉、エイジズムに対抗した米国の高齢者NPO、米国の「Non Profit 」と日本の「公益法人」との違い、そして「非営利」の可能性でした。
第3部「福祉社会学の課題」では、宮崎駿監督の新作映画「君たちはどう生きるか」に触発されて、主人公「眞人」の中にひそむ悪意(悪ではない悪意)というテーマに挑みました。考えてみると「眞人」という名前は「福祉」に似ています。そして副田義也の福祉社会学は、まさに「社会福祉の中から生まれてくる悪意」をテーマの中心(のひとつ)に据えていました。最後には「アール・ブリュット」に触発されて、最低限の生活保障としての社会福祉が、暗黙のうちに見えない天井となっていること、それを突破する人たちがいることを紹介しながら「福祉」という枠をどう乗り越えていくかを考えようとしています。



Chat GPTというのが評判ですね。日頃から疑問に思っていることで、Chat GPTにちょっと論争をふっかけてみました。
①「クローズ・アップ」という表現は、へんですね。閉じてアップする?近寄って詳しくみるなら「クロース・アップ」が正しいのではないですか。②キャリア教育というのはへんですね。それでは「運搬教育」ではないですか。キャリアじゃなくて「カリア教育」が正しいのでは?③カメラで接写レンズのことを「マクロ・レンズ」というのもへんですね。たとえば「マクロ経済学」は大きなスコープとスパンで見る経済学ですよね。「マイクロ・レンズ」ではないですか等々。こう議論をふっかけてみると、Chat GPTはどう答えるか。なかなかうがったことを答えてきます。理屈だけではない答え方になっていて、納得はできないけれど、面白いですね。考えさせられますね。


昨年の今頃は最終講義その他でゆっくり花見など出来ませんでした。今日は福岡の西公園を巡りました。ここは万葉集にも出てくる「荒津の崎」。遣唐使や遣隋使がこのあたりから出航していったところです。桜の彼方に志賀島や能古島も見えます。どこも満開の桜でした。ソメイヨシノには幽玄さはありませんが、満開の時期にはまさに光り輝いているようです。


昨日は、福岡・舞鶴城内の様々な桜が、一挙に満開を迎えました。例年にないことです。黒田如水邸跡にある岐阜の薄墨桜、三春の滝桜、北海道の松前桜、祇園の紅垂桜、ソメイヨシノ、どれも満開で壮観でした。家族で薄墨桜の下でピクニックランチをしました。あっというまに薄墨桜が散り始めています。今日の福岡は大雨です。桜のピークはあっというまに終わっていくのでしょうか。


当初は全国トップを切っての開花予想が出ていた福岡ですが、予想より1週間以上、昨年よりも9日もおそく、今日ようやぐソメイヨシノの開花宣言がでました。何しろこのところ寒かったですからね。近くの気象台にある開花宣言の標準木を観に行きましたが、わずか4輪か5輪ほどが咲き始めていたにすぎませんでした。でも、黒田如水の隠居跡の滝桜や、福岡城下の垂れ桜の数本はすでに満開でした。


私の新著『福祉社会学の思考』(弦書房)がもうすぐ出版されます。
はじめに
第1部 福祉社会学・再考
第2部 福祉社会学の思考
第3部 福祉社会学の課題
福祉への問い、福祉からの問い

毎回、自己ベストの更新をめざして書いているつもりなのですが──はたして今回はどう評価されるでしょうか。


福岡の大濠公園を散歩していると福岡城跡になんだか奇っ怪な太守台のような建物が。近くに行ってみると仮設の天守台のようです。福岡の桜祭りの間、ライトアップされるらしい。まだ寒いけれど、はたして開花予報どおりあと一日で桜は開花するのだろうか。きょう見た感じでは数日、遅れそうですが。(いつも真っ先に咲き始める垂れ桜もまだ数輪)


昨日は福岡ユネスコ文化セミナーでした。政治学の中島岳志さん、哲学の國分功一郎さんお二人の講演と対談──これは近来にない濃密な時間でした。中島さんによるヒンディー語の「与格」と國分さんの「中動態」とが重なり合っていく議論。その後の打ち上げで、また楽しい時間をいただきました(中島さんは少しおくれて参加されたので写っていないのですが)。


福岡・桜祭り
気候が急に春めいてきました。来週には「桜開花」宣言がでそうですね。
さて、福岡。今年はまたずいぶんと派手な「桜まつり」になりそうです。
なんとまぁ、福岡城「幻の天守閣」ライトアップ・イベント──大濠公園を夕方散歩していると、いきなりお城の天守台が建ち上がっているのでびっくり。ずいぶんと派手なイベントですねぇ。


福岡ユネスコ協会は、今週末に恒例の福岡ユネスコ文化セミナーを開催いたします。毎回、豪華な講師陣です。
私も福岡にきて30年近くになりますが、その頃から福岡ユネスコ協会の文化セミナーにはすごい講師の方々が来られていました。加藤周一、ロナルド・ドーア、鶴見俊輔、見田宗介、加藤典洋……福岡ではじめて謦咳に接した方々も少なくありません。ずいぶんたくさん参加させてもらいました。東京では大きな会場で遠くから眺めているような方々を、福岡では間近に見て聴くことができました。その臨場感はぜんぜんちがいますね。


福岡市でACAP(Active Aging Consortium in Asia Pacific)のセミナーとスタディー・ツアーが始まりました。今回は7カ国から40人が参加しているそうです。アクティブ・エイジングをめざした国際交流と学びあいのこの集まりも、もう20年になります。第1回目は山口県の周防大島で始まりました。ハワイやインドネシア、釜山や香港など、各地を訪問して学びあいました。韓国、インドネシア、タイ、ハワイ大学など、懐かしい友人たちと再会しました。


 友人夫妻がバルセロナに行くという。それで思い出した。私も十数年も前にバルセロナからレンタカーをしてカタルーニャ地方のロマネスク寺院をひとりで旅したことがあったのだ。あれはうつつか幻か。あんな経験が出来たことが今となっては信じられない。なんだか夢のような経験で、あまりに非現実的な経験だったせいかもしれない。
 バルセロナには学会で行った。そして市内のガウディ建築を見て回った。その後レンタカーをしてカタルーニャの山岳地方へ向かったのだ。目的は山奥のロマネスク寺院、そしていくつかのパラドールに宿泊することだった。
 これはその場での急な思いつきではなく、私にとっての旅の先達であった高坂知英の旅をなぞることでもあった。高坂知英は中公新書の『ひとり旅の楽しみ』で有名な著者だが、彼は晩年、スペインのパラドール熱にかかったと印象的に書いていたからだ。前から彼の旅を辿ってみたいと思っていたのでこの機会にそれを実現した。しかし容易なことではなかった。初めての異国をひとりでレンタカーでいくのは大変なのだ。
 バルセロナの空港でレンタカーをして、いきなり高速道路に入ったとたん目的地と逆方向へ行ってしまった。こういうことがよくある。まだカーナビなどない時代だ。いちばん小さなマニュアル式のしかも日本と逆の左ハンドルのレンタカーだった。海外でレンタカーをする時には最初と最後が難しい。最初の道を間違えると動揺する。そしてもうひとつ最後にレンタカーをリターンするとき、これもまた難関なのだ。空港ちかくまで来て出発時間が迫っているのに、レンタカーを返却する場所が分からない──そういう時にもっとも焦る、大汗をかく。この2つが海外のレンタカー旅の鬼門なのだ。
 バルセロナでもこの2つをしっかり味わった。さて最初の目的地は郊外のモンセラート僧院。ここはワーグナーの楽劇「パルジファル」のモデルとなったという奇岩の山の中にある僧院。そして宿泊は高坂が激賞していたモンセラート近くのパラドール・カルドナ。パラドールはスペイン各地にある古いお城や僧院を改造した国営ホテル。なかでもカルドナは丘の上の中世の城で人気がある。しかしそこに辿りつくのが大変で細いくねくね道を登り、しかも頂上直下の小さな場所に駐車する。へとへとになりつつお城の中の一室に泊まる。しかしこれが素晴らしかった。レストランも雰囲気ばつぐん。これはスペイン中世の異次元世界に迷い込んだ一夜で忘れがたい。しかしあれは本当にあったことなのだろうか。自分ながらいぶかしい。


モンセラート僧院

パラドール・カルドナ


「かまきん(鎌倉文華館)」訪問
東京で認定NPO法人の理事会に出席したあと翌日、鎌倉を訪問してきました。「かまきん」と言われた神奈川県立近代美術館鎌倉館がリニューアルして「鎌倉文華館」になったと聞いたので。ここは、ル・コルビュジエの弟子だった坂倉準三の設計だそうで、なかなかモダンな建物です。よく残してくれたと思います。敷地の横にあるカフェには、あの鶴ヶ岡八幡宮の大銀杏(2010年倒木)の切り株も展示されています。これは間近に観ると、凄い迫力です。


韓流スター チャン・ドンゴンと行く 世界「夢の本屋」紀行──こういう番組がNHK・BS4Kで放映されています。なんだかちゃらちゃらした番組名でいやだなぁ、と思いながら録画してあったのを観てみると、これが良いのです。日本のものでなく韓国制作の番組の吹き替えらしいのですが、世界的な本屋の衰退に、どう対抗するか、そのヒントを世界に探しにいく、という壮大な番組コンセプトです。しかも、オランダにある「夢の本屋」は、何度も倒産して、経営も代わって、そしてなんとか受け継がれてきた。そういう困難なドラマもしっかりと語られています。これにはうなりました。いまの日本で、こういう番組が作れるでしょうか。


ボストン・シンフォニーの小澤征璽
もう20年ちかく前のことになります。ボストンで数ヶ月、在外研究していたとき自転車を買ってボストン市内を走り回っていました。主に大学や図書館や食料品の買い出しのためですが、ボストン・シンフォニー・ホールにもよく通いました。小澤征璽さんはすでにボストンを退いていて聴くことは出来なかったのですが、ホールには若々しい写真がありました。このホールの最前列でVnのギドン・クレーメルの演奏を聴いたこともありました。思い出深いですね。